相続

包括遺贈 – さいログ – 相続・遺言 川崎市中原区の【 彩行政書士事務所 】

Tag: 遺贈 遺言書

相続できるのは相続人だけです。相続人には「配偶者相続人」と「血族相続人」がいます。相続人でない人に「相続」のような法的効果を生じさせたければ、「包括遺贈」という方法があります。包括遺贈とは、「△△さんに遺産の全部を譲る」・「△△さんに遺産の3分の1を譲る」というような遺言をすることです。前者を「全部包括遺贈」といい、後者を「割合的包括遺贈」といいます。

包括遺贈を受けると、義務も承継されますから、借金も背負うかもしれません。

遺言書を作成するとき、そして受遺者になったときにも気をつけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です