相続相続分遺言書遺贈

相続分の指定

遺産をどうするか

自分が元気なうちに人に財産をあげるのは贈与です。税金の都合があるので、簡単にはしないでしょう。

自分亡き後、財産を相続人以外の人にあげるようにしておくこともできます。

自分の死亡と同時に所有権を移すには、死因贈与契約もあります。これは相続人にも相続人以外の人にあげることができます。確かにこういう法的手続きはありますし、複雑な手続きではありませんが、死因贈与契約をする背景には十分お気をつけください。死因贈与契約でなくても、遺言書でも似たようなことが可能なのですが、死因贈与契約にするにはそれなりの理由があるでしょう。

遺言書では「何を誰に譲る」と書けますが、「遺産の何分のいくつを譲る」と書くこともできます。また、「遺産の何分のいくつを誰に譲るかを、第三者に決めてもらう」こともできますが、これは遺言書でしなければ法的には無効です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です