相続人

代襲相続

相続開始前に推定相続人が死亡

代襲相続については、他のページにも書いてありますが、あらためてここにシンプルに書いておきます。

代襲相続が生じるのは、
1)被相続人の子が

  • 相続の開始以前に死亡したとき
  • 欠格事由に該当したとき
  • 廃除によって相続権を失ったとき

2)兄弟姉妹が相続人である場合において、その兄弟姉妹が

  • 相続の開始以前に死亡したとき
  • 欠格事由に該当したとき
  • 廃除によって相続権を失ったとき

注意)兄弟姉妹の子には、代襲相続が生じますが、兄弟姉妹の「子の子」以降には生じません。

代襲相続ではない例

法律用語の問題ですが、たとえば、死亡した人に

  • 配偶者がいない
  • 子がいない

となると、相続人は親の可能性があります。

配偶者はいなくても、子がいるなら相続人となるでしょうが、この子(A)が被相続人より先に死亡していると、この子(A)の子(B)が相続(代襲相続)するわけです。

しかし、Bという人はもともと存在しない(Aに子がいない)のなら、相続するのは親となります。親が死亡していると、その親(祖父母)が相続人となるかどうか検討します。このように死亡した人の上の世代が相続することは代襲相続とはいいません。

法律用語なので一般にはどうでもよいのですが、協議のときに間違って用語を使うと誤解の元ですから、できれば気をつけたほうがよいでしょう。小さな誤解から、意見の相違となって、さらに感情的な対立となることが心配です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です