相続

借金の相続

借金の相続

親が多くの資産を持っていると、相続する場合に、子などの相続人に多くの相続税がかかるかもしれません。

相続は、プラスの財産もマイナスの財産も承継するものですから、相続開始前にマイナスの財産を作っておけば税金が安く済むということが考えられます。

たとえば、親がローンを組んでマンションを建てておけば、このローンは負債ですから、借金の相続です。マイナスの財産です。マイナスの財産とプラスの財産を差し引きして、プラスが少し多いように工夫しておられる方は多いです。

債務者は誰か

マイナスの財産を持っているということは負債を抱えているということで、その人は債務者です。債務者は債権者に弁済をするでしょう。

たとえば、遺産であるマンションを何人もの相続人が共有していると、管理や処分の際に意見が対立するかもしれないということで、この不動産はひとりの相続人相続するのがよいという考え方があります。

その場合、この不動産をひとりが相続するのですから、債務(ローンなど)もひとりが相続する(引き受ける)と考えるのが常識的な考え方でしょう。

遺産分割協議でプラスの財産もマイナスの財産もひとりが承継すると決定しても、債権者(この場合はローンを組んでいる金融機関など)が同意しなければ、マイナスの財産に関しては法定相続分どおりに責任があります。

遺産分割協議書に、「不動産を相続人のひとりであるA子だけが相続する。ローンもすべてA子が責任をもって支払うので、他の相続人はローンの支払い義務がない。」と決めても、A子がローンの支払いを怠れば、他の相続人にも返済請求されるのが通常です。その点も考慮して遺産分割してください。

川崎市中原区、武蔵小杉の行政書士

川崎市中原区の行政書士ですが、横浜市港北区、東京都大田区・世田谷区・目黒区にも近く、東横線・南武線沿線をご利用の方、武蔵小杉・元住吉・日吉・武蔵中原・武蔵新城・溝の口等の駅をご利用の方には便利です。

業務内容にもよりますがほとんどは全国対応いたします。ただ、電話だけではできませんので、メールや郵便も併用することになります。

土曜・日曜・祝祭日、平日のお勤め帰りの相談・面談も可能です。ご予約をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です