遺言書

遺言書の偽造 – さいログ – 相続・遺言 川崎市中原区の【 彩行政書士事務所 】

Tag: 遺言書

遺言書がある場合、それが公正証書遺言であったり秘密証書遺言であれば、本人以外の人が作った可能性は限りなくゼロに近いといえます。作成するときに、本人確認をしているからです。「偽物」「偽造」ではないかという問題が生じるのは自筆証書遺言ということになります。

自筆証書遺言は、自筆ですから遺言書の筆跡で判断するしかありません。比較対照する本人の文字が必要です。手紙や日記などのほか、契約書や届出文書などが考えられます。手紙や契約書の場合、書いた時期が明確にわかることがありますから、遺言書作成時期と近いものを探すとよいようです。

筆跡は誰かが判断するので、科学的に絶対に正しい判断ができるものではありません。
偽造の疑いがある場合、その遺言書があることで利益を受ける人の筆跡と比較することもあるようです。
遺言書が発見された状況や、検認の申立ての経緯も参考になるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です