遺産分割

死亡による婚姻解消と相続分 – さいログ – 相続・遺言 川崎市中原区の【 彩行政書士事務所 】

Tag: 夫婦の財産

夫婦の財産は、特に取り決めがなければ「自分のものは自分のもの」です。
夫婦の一方が死亡すれば、生存している配偶者の法定相続分は少なくとも2分の1です。
死亡した配偶者の名義になっている財産の中に、生存している配偶者の貢献によるものがあれば、この点も考慮する必要があります。

相続の対象となっている財産の形成に特に貢献したというような事情があれば、それは「寄与分」の問題となるでしょう。
寄与分とひとことで言っても、具体的にいくらなのかを明らかにするのは大変かもしれません。

遺産分割協議は、相続人さんたちのやり方次第ですが、彩行政書士事務所が司会進行役のようなことをお引き受けできます。相続人さんたちが遠方にお住まいのこともありますし、他に事情があることもあります。場合に応じて方法を考えますのでご相談ください。

特定の人を代理することはありませんし、誰はどうすべきと指示をすることもありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です