相続

相続はいつか経験することだとは知っていても、大勢の人が戸惑う問題です。 また、身近な人が亡くなったのに、悲しん […]

遺留分放棄

「遺留分の放棄」の条件 遺留分を放棄することが裁判所で認められるにはそれなりの要件を満たしていなければなりませ […]

離婚と再婚

離婚・再婚・遺言書 彩行政書士事務所では、離婚協議書作成もお引き受けします。公正証書になさるかたも多いです。特 […]

代襲相続

不幸なことだとは思いますが、年齢の順にお亡くなりになるとは限りません。 たとえば、あなたのおじいさんのAさんが […]

何親等ですか

助け合う親族 民法には、「直系血族と同居の親族はたすけ合わなければならない。」と書いてあります(「たすけあう」 […]

遺言と遺留分

相続の基本事項 人が亡くなったら、その人の財産はどうすべきでしょうか。お金持ちの子は生まれながらにしてお金持ち […]

公正証書遺言

遺言書と形式 人は生きている間、権利義務の主体となります。遺言書が効力を生じるのは死後ですから、生きていない人 […]

遺産分割協議

遺産分割協議とは 遺産分割については他のページに書きましたが、相続財産の分け方について、相続人同士が相談するこ […]

寄与分

相続人がひとりなら遺産分割の問題は生じませんが、2人以上いると遺産分割協議が必要です。法定相続人が2人以上いる […]

胎児の相続

胎児と権利能力 人は生きて生まれれば、権利や義務の主体となることができます。「権利能力を有する」といいます。で […]