事実婚離婚

離婚届・婚姻届

勝手に出された離婚届

いろいろな事情があるのでしょうが、離婚届が本人の知らないうちに提出されていることがあるようです。
本人が知らないうちに提出されたものは、本人が自分の意志で届け出たものではないのですから、要するに「インチキ書類」です。自分が届け出ていないのですから、離婚届としては不十分です。

証人が署名もしているはずですが、これももちろん不正です。署名をした証人に責任はないのかといえば、ないはずはありません。とにかく、本来は無効でしょう。

では、離婚届が無効なのだから現在は婚姻中なのかというと、そうでもありません。離婚届が役所で受理されているのですから、この書面が無効、離婚届が無効だということなら裁判所に認めてもらう必要があります。きちんと解決しようとすると、なかり複雑な問題となるようです。

この場合、現実には「面倒だから、このまま離婚でいい。」となることが多いようです。そうすると、

  • 財産分与
  • 離婚の慰謝料
  • 養育費

などはどうするのでしょうか。離婚協議書を作っておいたほうがよいことはもちろんですが、実際には、どのように協議して、どのような内容で作成すればよいでしょうか。結構、難しいのではないかと思います。

勝手に出された婚姻届

本人が知らないうちに、婚姻届が出されていても正式に婚姻は成立しませんが、事実上の夫婦(内縁の夫婦)の一方が、後日、その婚姻を追認すれば届出時にさかのぼって有効となるという判例があります。「事実婚・内縁関係・事実上の夫婦・内縁の夫婦」はいろいろと難しい問題が生じがちですからお気をつけください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください