義理の親

夫の親の介護

夫の父を介護している

次のような質問というか、相談がよくあります。

『夫が亡くなりました。
夫の母親は亡くなっていますが、父親は入退院を繰り返しながらひとりで暮らしています。
私は、夫の父親の介護などに結構尽くしています。
それでも、夫の父親が亡くなったとき、私には相続権がなく、
私と、私の亡くなった夫との子が相続します。
これは不公平ではないでしょうか。』

 

法定相続人でないと相続できない

法定相続人は誰かと考えれば、仰るとおりです。

まず、きれい事(タテマエ)を言いますと、
あなたがご主人と結婚し、夫との間に子ができたのは、夫に父母がいるからです。ご先祖様のおかげです。

あなたが結婚してから、夫の父親との関係はどうだったのでしょうか。

  • 仲が悪かった
  • ほとんど他人と同然
  • 親切にしてくれた

この事情によって、あなたの対応や相続についての対応は変わるでしょう。

 

遺言書で

義理の父親が遺言書で、

(1)あなたへの遺贈をする、

(2)あなたの夫への相続分を多くしてもらって、それを夫と一緒に使う

というようなことも可能だと思います。

義理の父との関係、あなたと夫との関係によって、事情は変わってくるでしょう。

また、夫の父親が、孫(あなたの子)に財産を遺せば、お子さんも良くしてくれるでしょうし、間接的にあなたも相続財産の恩恵を得られるかもしれません。この場合、あなたとお子さんとの関係が重要になるでしょう。

 

相続についての法律ではどうなるのかという説明は簡単ですが、実際に、このような事情で悩んでいる人がどうすればよいかは非常に複雑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です