相続人

胎児は相続人か

財産を所有したり、遺産を相続するのは、人が権利を有するからです。人は生まれると権利を享有します。

たとえば、
実業家のAさんが莫大な財産を持っているとします。
AさんにはBさんという妻と、2歳の子であるDがいます。
Bさんが妊娠中に、Aさんが死亡しました。
相続人は、以下のどちらでしょうか。
(1)相続人は、BとD
(2)相続人は、BとDと胎児

原則は(1)のはずですが、出生の日が違うというだけで、Dは莫大な遺産をもらい、後から生まれてきた子は財産を何ももらわないのでは、あまりにかわいそうです。

そこで、胎児もAさんの子として、特別に相続人とする扱いです。死産であった場合は、相続人とはなりません。

生まれてきた子がAさんの子であるかどうか証明しなくても法定相続人です。

では、まだ生まれていない子(生まれたとしても未成年)を入れて、相続分を増やす・減らすの協議ができるかといえば、それはできません。

生まれてみたら、「キミ以外の全員の協議で、キミは他の法定相続人より3割少なくしておいたよ。お母さんも同意していたよ。」と決まっていたのではフェアではないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください