遺言書

遺言書の作成と作成後

遺言書の作成と作成後

相続のことをどのくらい心配なさっているでしょうか。遺言書を作成した方がよいと思うでしょうか。遺言書を作る経緯をあくまで一例として書いてみます。

年をとると・・・

健康に不安が生じ て、

自分をいたわってもらいたいと思う。


子供たちは忙しい。

今後(老後)の生活が心配になる。

頼りになるのはお金である、と思うようになる。

特定の子に、遺言書を書いて財産をあげると持ちかける。

遺言書を書いたら、自分は用済みになるのではないかと心配になる。

遺言書と聞くと、子供たちも疑心暗鬼になる。

というような例があるようです。

気の合う子と、気の合わない子がいるかもしれません。
甘え上手な子もいるでしょう。
相続遺言書も、そういう事情をすべて含んでいると考えて、慎重に対応しましょう。

遺言書は必ず全員が書いておくべきだとは言えないと思いますが、遺言書を作成するなら、できるだけ若いうち、判断力の確かなうちの方がよいのは間違いありません。

また、遺言書を何度も作り直すのは好ましくないと思いますが、事情は変化しますから、変化に応じて対応するのはもちろんです。

遺言書を作りなおすときに、相続人等が全員集まって相談できるならそれも良いですが、難しい場合も多いと思います。
利害関係のない第三者として専門家がお手伝いします。

川崎市中原区、相続・遺言書の行政書士

川崎市中原区の行政書士です。武蔵小杉・元住吉で面談していますから、JR南武線・東急東横線をご利用の方には便利です。

東急東横線は、日比谷線と乗り入れ運転をしていましたが、みなとみらい線とつながり、さらに東武東上線・西武池袋線・東京メトロ副都心線との相互乗り入れが始まりましたから、さらに交通は便利になり、川越・和光・所沢方面からもおいでいただけます。

行政書士は近所の方が良い場合と、少々遠くても自分のニーズに合った事務所の方が良い場合があります。

遠方の皆様からの相談(電話・メール)もお受けします。メールや郵便を使えば全国対応もたいていは可能ですから、お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください