遺言書

予備的遺言

予備的遺言

法律用語では、「予備的△△」というのがよくあります。
まず何か(たとえばAという事実の主張)を主張しておくけれども、それが認められないなら、あらかじめ別の主張(Bという主張)を用意しておくものです。

なんとなくずるいような印象を受けるかもしれませんが、本当のことを主張しているのに、証拠がないから認められないようなケースはよくあります。

それなら、仕方がないから多少本来より損をするかもしれないけれども、裁判等で認められる主張に変更して、少しでも本来の利益を守ろうとするようなものです。法律上・訴訟上のテクニックと言えるかもしれません。

また、以下のように「遺言書」の場合は、そのようなテクニックではなく、自分の遺志実現のために必要な事項、補充遺言というひともいます。

予備 遺言書 川崎

予備的遺言の例

遺言書の場合でいうと、「相続について、私の所有する建物Aと土地Bは、私の内縁の妻であるC子に遺贈する」という遺言書を作れますが、C子さんが、自分より先に死亡した場合、建物Aと土地Bはどうなるのかが問題となります。

たとえば、「・・・C子に遺贈するが、もしC子が私より先に死亡したら、C子の長女のD子に遺贈する」というのが予備的遺言です。もしD子が私より先に死亡したら・・・と考えていくときりがありませんが、冷静に考えると、それほどたくさんのケースはないでしょう。考え得るケースについては予備的遺言として記しておくことをお勧めします。予備的遺言とも補充遺言ともいいます。

 

予備的遺言でない場合

もし、予備的遺言がなく、遺言書に書いたことが実現不可能(C子にあげたいけれども、C子の方が先に死亡してしまった)なら、その遺言内容はなかったのと同じことになります。無効となって、遺産分割協議法定相続人が決めることになります。遺産分割協議で決まらない場合は調停等です。遺言書が「無効」になったり、本来、本人が予定していたことと異なる結果になることがあります。

上の例のような遺言内容にしたいという相談があった場合には、「もし、C子さんが病気や事故であなたより先に死亡なさったとしたら、どうしたいですか?」と私はお尋ねするようにしていますが、行政書士や公証人はそのように尋ねなくてはならないわけではありません。そもそも遺言書作成したい理由や、ご希望の内容や不安なことをお知らせいただければ、そのような遺言書になるよう工夫します。