相続

包括受遺者

 

相続人でない人に、「自分の遺産の何分の1」とか「自分の遺産の全部」を与えるというように遺言することができます。譲られる人が包括受遺者です。

遺産のうち、「何市何番地の土地」とか「先祖伝来の△△焼きの壺」というように、具体的に指定しないのが特徴です。包括受遺者は遺産分割協議にも参加します。

相続人の財産を譲り受けますので、財産の中にマイナスの財産(借金等)があればこれも同様に譲り受けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください