遺言書

遺言書を作成できる年齢 – さいログ – 相続・遺言 川崎市中原区の【 彩行政書士事務所 】

Tag: 付言事項

遺言という行為の意味を判断することができる年齢は、「義務教育の終わる頃」だろうということで、満15歳になれば、ひとりで遺言書を作成できます。
一般的に考えると、15歳では早すぎるのではないかと思う人が多いでしょう。

また、自己の行為の結果を弁識するに足りる精神的な能力(意思能力)も必要ですが、15歳ならこの能力もありそうです。法律の制定時にはそのように考えました。

意思能力は、10歳未満の幼児や泥酔者、重い精神病や認知症の場合には意思能力がないとされています。10歳未満かどうかは明らかですが、その他の場合は、診断書等がないとはっきりしません。

さらに、15歳になると、子供がいるかもしれません。「今、自分が親だとは名乗れないけれども、自分にもしものことがあった時には、誰々は自分の子なので、財産をあげてほしい」というような遺言書を作成することもあるかもしれません。

遺言書は書き方によっては無効になります。きちんと書けていれば法的に有効となって、場合によっては本人の考えとは違った内容になりかねません。内容を精査して作成することはもちろんですが、「遺言の付言事項」も活用するとよいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です