相続遺言書

亡くなる前と後の問題

亡くなる前の問題

遺言書相続の相談を受けますと、相続や家族・親子・兄弟姉妹の関係に何らかの問題があることがほとんどなのですが、遺言をする人が存命中に生じる問題と、亡くなってからの問題(遺産分割の方法など)があります。

存命中に生じる問題には、たとえば

  • ある子(推定相続人)が親不孝をするなどして、その子を廃除する遺言書の作成
  • 相続分を他の相続人(共同相続人)と差をつける遺言書の作成
  • 年老いた親の介護をもっとも熱心にした人が多く相続する
  • 遺言者が診断を受ければ認知症かもしれないが、成年後見が始まると大変かもしれない
  • 認知症ではないけれども、常識とはかけ離れた判断をする

というような問題があります。

亡くなった後

亡くなった後というのは、相続開始後ということですが、亡くなる前の問題がほとんどそのまま引き継がれるようです。

本来は、そのようなことのないように作成するのが遺言書だと思いますが、遺言書作成は簡単ではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください