相続老後

相続と行政書士

相続と老後の生活

相続で問題が起こるのは相続人の間で財産の分け方が決まらないからだ、と考えるのはもっともですが、相続人にばかり問題があるわけではないこともあります。

年をとって、生活費や療養などに心配のある人や、独居は不安で仕方がないという人は、なんとか自分の子や親戚縁者に老後の生活をサポートしてもらいたいと思うでしょう。

今、個人主義の時代かどうかはともかく、法律は「個人重視」になっています。孤独死のニュースを聞いたり、社会保障が不十分であることを考えると、かなり多くの人が老後の不安を抱えています。
老後に自分が孤独にならないようにするにはどうしたらよいかということを、真剣に考えている人が多いのです。

遺言書を作成するのは

自分と同居してくれた子(人)に財産をあげるとか、よく面倒を見てくれた人に多くの財産を残すという遺言書を作成することもよくあります。
「同居してくれれば財産をあげるがどうする?」と、相続人推定相続人)に意向を確かめる人もいます。
面倒をよく見てくれれば、自分の子でない人(相続人でない人)に、遺贈するという遺言書を書く人もいます。

この段階で、親子で喧嘩になったり、相続開始前から相続人推定相続人)たちの間で不和になったりすることもあります。
相続とか遺言書が、相続開始前(亡くなる前)から問題になることがよくあります。

川崎市中原区の行政書士です

親子・推定相続人たちの間で、十分なコミュニケーションがとれていないから問題になることもあるでしょうが、住む場所や仕事の関係もありますから、推定相続人たちの気持ちはともかく、現実には親のすぐそばにいられないケースもよくあります。

遺言書を作成する前に、相続人になりそうな人たちと話し合うとか、専門家の意見を聞いたりしてみるとよいと思います。

その家族の性格や財産状況など、いろいろな要因が絡み合っていますから、必ずうまく解決するとは限りませんが、川崎市の行政書士「彩行政書士事務所」では、できる限り親身になってお話をうかがいます。

メールや電話でお問い合わせください。武蔵小杉・元住吉で面談していますが、出張もいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください