相続

前妻の子・先妻の子 – さいログ – 相続・遺言 川崎市中原区の【 彩行政書士事務所 】

Tag: 前妻の子

平成25年7月時点での法律では、妻以外の女性との間にできた子を認知している場合、その子の相続分が嫡出子とくらべて不公平なのではないかと問題になっています。

妻以外の女性との間にできた子で、認知されているということは、婚外子です。嫡出でない子、非嫡出子ともいいます。

この子の法定相続分が、嫡出子の半分とされていることが、憲法違反なのではないかというのです。
平成25年9月に最高裁の判断が出て、婚外子も平等でなければ違憲であるということになりました。

離婚した元妻の子(前妻の子、先妻の子、前婚の子)と、現在の妻との子との相続分は、まったく同じなのですが、勘違いして心配しておられた人もいるようです。

平成25年12月以前の法律でも、妻以外の女性との間にできた子に、嫡出子と同じように相続させたい場合は、遺言書を作成することで希望どおりに相続させられる方法はありました。
もっとも、個々の事例を具体的に検討することが必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です