前婚の子遺言書

離婚時に子がいたら

離婚時に子がいる

離婚時に子がいて、その後、再婚して別の人との間に子供がいることはあるでしょう。その場合には、その子供たち全員が相続人になると思われます。

再婚後にも子ができると、前妻との子(先妻との子)・前夫との子とくらべて、交流の程度に違いがないでしょうか。たいていは違いがあるので、相続開始時に問題になることがあります。離婚をしたら遺言書のことも考えておいた方がよいでしょう。

普通に考えると、相続開始後に、
前婚の子(再婚する前の子)と、
後婚の子(再婚した後の子)・再婚した配偶者
遺産分割協議をすることになります。

そもそも遺産分割協議はやりづらいものですが、上記のケースですと、「何十年も会っていない」「一度も会ったことがない」場合もありますから、一層話しづらいことがあります。

遺言書で財産(遺産)の分け方は指定できますが、できれば法定相続人全員が納得できるように、そのように遺言をした理由、誰が何をもらうかという理由も書いておくとよいでしょう。

理由をうまく書けない、どのように書いたらよいかわからないという場合にもご相談ください。事情をうかがって、内容の提案ができると思います。こういう業務を彩行政書士事務所では積極的に行なっています。

また、遺言書で相続内容を指定しておくだけでなく、生前にやっておけることがあるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください