遺言書

自筆証書遺言の訂正

自筆証書遺言

「自筆遺言書」ということもあります。「自筆遺言証書」というのもよく耳にします。

遺言書を作成するのに、「内容は決めたから書き方を教えてください。」とか、「遺言書を書いたので、この書き方でよいかどうかみてください。」という依頼を受けることがあります。

そういう依頼もお受けしますが、遺言書で難しいのは「内容」です。特に自筆証書遺言はひとりで完成させることができますから、書き方(形式)はもちろんですが内容にも気をつけてください。

相続人法定相続分どおりに均等に分けてください」という内容であれば、遺言書が不要なくらい簡単なのですが、実際に遺産分割手続きを始めてみると、多くの財産が均等に分割できません。だから遺言者が遺言書で指定しておくとよいのです。

自筆遺言証書の形式と訂正

形式よりも内容のほうが難しいのですが、形式が間違っていたり不十分なのでははじまりません書籍やインターネットでも遺言書の書き方はよく紹介されていますから、参考になさるとよいでしょう。

書き間違えたら訂正すればよいのですが、もしその訂正の仕方が間違っていたらどうなるかというと、遺言書全体が無効にはなりませんが、その「訂正がなかった」ことになるのが原則です。遺言書は、遺言者の最終意思とされるわけですが、訂正しまちがえたために、自分の考えと異なる遺言書として有効になってしまいます。

遺言書を作成するときには、内容も形式も含めて一度は専門家に相談なさることをお勧めします。どうして遺言書を作成しようと思ったのかをお話いただければ、自然と内容も決まってくるでしょう。ただし、「そういうことは法律上、できない。」という事項もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください