遺言書

遺言書がなくても

我が家に争いはないはず

遺言書がなくても、遺された人たちが争いになるはずがないと考えている人も多いことでしょう。実際、そうかもしれません。相続財産の分け方、遺産分割協議書の作り方は、次の順になるでしょう。

遺言書をのこさなくても、いざとなったら裁判所がある、と考えるのはとんでもないことです。法律に頼っては感情にしこりが残ります。「法律ではこうなっている」「証拠があるか」というような決め方で、心から納得し、満足できるでしょうか。そもそも多くの場合、証拠が揃いませんので、裁判自体ができないことがあります。

相続 遺産 中原区

裁判所で「あきらめる」

相続人遺産分割協議(話合い)で解決すべきです。裁判は当事者を「一刀両断」にしますから、双方に痛みが伴うことが多いのです。裁判を通してみんなが幸せになったという例を私は知りません。法律でそう決まっているといわれて「あきらめる」のではないでしょうか。勝ち負けの問題になってしまいます。「訴訟をしたら三代祟る」という人もいるくらい、亀裂は決定的でしょう。

裁判には証拠が必要です。費用も時間もかかります。実際問題として、裁判をすることはほとんどないと思います。

 

当事務所は、遺産分割協議書作成業務を通じて、遺産分割協議が円滑に進むようお手伝いします。

遺産分割協議が紛糾し、「もう話し合う余地はない」、「法律で勝負だ」ということになれば弁護士さんをご紹介しますが、「譲り合うことはできないので、単純に法律にのっとって」というのなら、それはそれで「相続人がおこなう遺産分割協議」です。「話し合い」のうちです。遺産分割協議書作成のお手伝いはいたします。

川崎市中原区の行政書士

彩行政書士事務所は、川崎市中原区の行政書士で、武蔵小杉・元住吉を拠点にしています。
武蔵小杉は東急東横線・JR南武線の乗換駅ですから、交通も便利です。元住吉はその隣駅です。

また、お仕事の帰りなどでもご利用いただけるよう、19時以降でも時間のある限り、面談をお受けしています。
土曜・日曜・祝日も同様です。できる限り対応いたします。

一般論としてのアドバイス・簡単な電話相談でしたら、夜10時・11時でも相談をお受けします。(相談・予約は携帯電話等にお掛けください。)電話に出られないこともありますので、メッセージを残していただければ、その日の内に、あるいは、翌日、こちらからお電話することもできます。

こちらからではなく、相談者さんから電話なさる方がよければ、「また、こちらから明日、電話します」と留守電メッセージを残していただければ、電話をお待ちしています。とにかく勧誘はしません。

行政書士の業務は、勧誘できるようなものだとは思いませんのでお気軽にご連絡ください。
事故防止のため(勘違いに気づいた場合など、訂正の電話をすることありますので)、電話番号は「通知」に設定してお掛けください。

遺産分割 協議 川崎市