特別受益

相続放棄しても、もらえる財産がある

特別受益

特別受益持戻しをする根拠は、

  • 相続人は、特に遺言書等で明言しなくても、相続人(特に子供たち)を平等に扱いたいに違いない(これはローマ法に由来する考え方)、ということと
  • 特別受益は相続財産を前渡ししたものだから、遺産に算入して計算しないと、遺産分割協議での計算が合わなくなる(これはゲルマン法に由来する考え方)

ということのようです。

誰がもらったのか – 相続人と他人の場合

ですから、特別受益としてもらったかどうか、特別受益だから相続開始の際に返還するのかということは、相続人について考えればよいことです。
相続人以外に財物をあげる(贈与)することはあるでしょうが、それは

  • 相続人を平等に扱う」ということにも、
  • 「いずれ相続させることになる財物の一部を、前もってあげておくと都合が良い」ということにも関係がありません。

相続人でないなら、生前に「プレゼントしてもらった」のと同じようなことです。遺産分割協議に参加する必要もありません。(生前のプレゼントでも、相続人に返さなければならないこともありますが。)

 

相続放棄をすると、財産をもらえない代わりに、借金を背負わなくて済むというメリットがありますが、相続人相続放棄をすると、相続開始時にさかのぼって「相続人ではなかった」とされるので、借金も背負わないし、「もし相続人なら特別受益として持ち戻さなければならないもの」も返す必要がありません。

とはいえ、相続放棄は、そうやたらとするものではないでしょう。
もし相続放棄するなら、専門家に依頼しなくてもいくつかの書類を集めるだけですから、自分でなさる方も多いです。手続きは裁判所でしますから、もし気が重ければ専門家が代行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください